{@ member.last_name @}{@ member.first_name @}様
{@ member.active_points @}ポイント

ロレックス(ROLEX) ミルガウス

8件中 1-8件表示
8件中 1-8件表示

ロレックス(ROLEX)のミルガウスについて

ロレックスの時計の中では、個性的なルックスと、特異な歴史を持つミルガウス。

1956年に発表されたミルガウスは、もともとは強力な磁気に耐えうる磁気時計として、医師や研究者といった専門職向けに開発されたものでした。

フランス語で「ミル」は「1000」を意味し、「ガウス」とは磁束密度の単位。

すなわち、ミルガウスは「1000ガウス」(約80,000A/m)分の磁気に耐えられることを意味しています。

一般的に流通しているタイプの腕時計の耐磁性能は、およそ50~100ガウスですが、腕時計は精密であればあるほど、磁気の影響を受けやすくなります。

磁気を帯びると、腕時計の心臓部分であるヒゲゼンマイに異変が生じ時間が大幅に狂ったり、クォーツの場合は動かなくなったりしてしまうことも。

このため耐磁性能はとくに精密な腕時計には、必要不可欠と言われています。

しかし発売当初は、磁気が時計に及ぼす影響が一般に認知されていなかったため、それほど多くの需要が得られず、1987〜88年ごろに一度生産終了となってしまいます。

しかし、そのおよそ20年後の2007年、ミルガウスは再び復活を遂げます。

世間一般で耐磁性能についての再認識が進んだことや、磁気を帯びやすかった内部構造の改良に成功したことが復活の後押しをしました。

20年ぶりにリバイバルされたミルガウスのデザインは、なんといっても個性的な文字盤が特徴です。

秒針には、ヴィンテージモデルでも人気の高い「イナズマ針」が採用され、挿し色として使われているオレンジ色が目にも鮮やかです。

「116400GV」の風防には緑色に着色された「グリーンサファイア クリスタル」が用いられ、ほかのロレックスにはない独特の個性を放っています。

またミルガウスには通常のオイスターケースの中に、磁気シールドを備えた高性能磁気遮断システムという画期的な機構が搭載されています。

ミルガウスは一見、ベーシックなデザインに見えますが、実際に手にすると、そのユニークな存在感に魅了されることでしょう。

もし個性的なロレックスをお探しの場合は、ミルガウスを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

鮮やかなオレンジ色の秒針の動きに目を奪われ、ほかのロレックスと一線を画す緑色のガラスに、唯一無二の特別感を味わうことができるでしょう。

ロレックス(ROLEX)の他アイテムはこちら

ロレックス(ROLEX)のミルガウスについての解説記事はこちら