{@ member.last_name @}{@ member.first_name @}様
{@ member.active_points @}ポイント

プラダ(PRADA)

並び替え
122件中 1-40件表示
1 2 4
並び替え
122件中 1-40件表示
1 2 4

プラダ(PRADA)について

1913年にマリオ・プラダと弟のマルティーノ・プラダによって、ミラノの中心地でブティックを開業したのが『プラダ(PRADA)』のはじまりです。

プラダ兄弟は世界中からワニ・ヘビ・セイウチなどの珍しい素材を集め、優れた職人技により高品質な皮革製品を作りあげていました。

貴重な皮革を使った製品はミラノの上流階級から評判を呼び、1919年にはイタリア王室の御用達となります。

高級ブランドとしての地位を確立したあとも経営は順調でしたが、時代は第二次世界大戦へと進んでくこととなります。

戦争の影響により、プラダの生命線である高品質な皮革が手に入りにくくなったうえ、皮革製品の需要自体も急激に減少。

さらに、政治的な確執により弟のマルティーノが兄のもとを離れ、マリオは一人でプラダの経営を続けざるをえなくなります。

ほどなく第二次世界大戦は終結しましたが、イタリアは王政廃止を決定し、プラダの王室御用達の称号もなくなりました。

1958年に失意のなかでマリオは他界し、娘たちに事業が継承されます。

しかし、上級階級をターゲットとしてきたプラダは時代のスタイルとうまく合わすことができず、ブランドとしては長い低迷期が続きました。

そんなプラダが復活を遂げたのは、マリオの孫娘にあたるミウッチャ・プラダが1975年にデザイナーとしてファミリービジネスに参戦したことがきっかけです。

ミウッチャは「これまでのファッション業界にはない新しいアイテムを作る」という信念のもと、画期的な商品を次々と発表します。

ミウッチャの代表作として知られるのが、工業用の防水ナイロン素材「ポコノ」を使ったナイロンバッグです。

革製のバッグが主流だった当時、ナイロンバッグを作ることはプラダ内部でも批判の声がありました。

しかし、ナイロンならではの軽量さと使い勝手のよさが受け、発売から数年かけてヒット商品となり、プラダは世界的なファッションブランドとして返り咲いたのです。

カジュアルに使えるナイロンバッグを生み出した一方、ミウッチャは創業当時から大切にしてきた皮革製品にも力を入れました。

そのなかでも、高品質なサフィアーノレザーを使った「サフィアーノ」は最も有名なシリーズです。

サフィアーノレザーは牛の革に型押し加工を施しているため傷や汚れに強く、発色も鮮やかなのが特徴。

見た目にも高級感があるうえ耐久性にも優れているため、お手入れ次第では何年も使えるのが魅力です。

肉親との確執や戦争など、さまざまな困難を乗り越えブランドとしての成長を続けてきたプラダ。

プラダは苦しい時代でも素材・質の高さ・デザイン性のすべてにこだわり、長く愛用できるアイテムを作り続けてきました。

高級感だけでなく使用されている素材にもこだわりたい方は、ぜひプラダに注目してみてください。

プラダ(PRADA)についての解説記事はこちら

プラダ(PRADA)についてのレビュー