{@ member.last_name @}{@ member.first_name @}様
{@ member.active_points @}ポイント

ディオール(DIOR) 財布

並び替え
10件中 1-10件表示
並び替え
10件中 1-10件表示

ディオール(DIOR)の財布について

DIOR(ディオール)の財布はバリエーションが豊富で選ぶのが楽しい反面、いざ購入しようと思うと種類が多すぎて迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、人気のラインから選んでみるのがおすすめです。

ディオールの顔でもあるレディ ディオールシリーズは、もちろん財布でも展開されています。

ディオール独自のキルティング模様と女性らしく品のあるデザインが特徴で、まさに大人の女性が持つのにふさわしい財布といえるでしょう。

豊富なカラーバリエーションでも知られ、定番のベーシックカラーのほか、イエローやピンクといった鮮やかな色もラインナップされています。

馬の鞍がモチーフとなった独創的なバッグでもおなじみの、サドルシリーズからも財布が展開されています。

ディオールならではの唯一無二のデザインが財布に落とし込まれており、アイコニックな左右非対称の曲線がフラップに採用されています。

素材とカラーは多彩にあり、選ぶものによってイメージがガラリと変わるのも特徴です。

シーンを選ばず使い勝手のいいベーシックな財布を探している場合には、30モンテーニュが最適でしょう。

かっちりとしたスクエア型がクラシックカルで洗練された印象です。

ベーシックカラーが多いのも特徴なので、ミニマルなデザインを好む方にはとくにおすすめです。

続いて素材から選ぶ方法をみていきましょう。

ディオールの財布には、カーフスキンやゴートレザーがメインに使われています。

カーフスキンとは、生後6か月以内の子牛から採られた貴重な素材で、柔らかくキメが細かいのが特徴。使い込むほどに手になじみます。

丈夫さを求めるならゴートレザーがベスト。丈夫で型崩れしにくく、キズや汚れに強いので、長く愛用することができるでしょう。

オブリークモチーフが敷き詰められたジャガードキャンバスも財布に使われている素材の1つです。

軽く、耐久性に優れた素材なので、丈夫で長持ちするのもうれしいポイント。ディオールと言えばのオブリークモチーフがカジュアルなファッションも一気に格上げしてくれます。

続いては収納力。財布に小ささを求めるなら、コンパクトウォレットやロータスウォレットと呼ばれる三つ折りタイプがおすすめです。

幅は10cmほどなので、小さなバッグにもすっぽり収まります。

もう少し収納力を求めるなら、ミニウォレットやバイフォールドウォレットと呼ばれている横幅11~12cmほどの二つ折り財布がうってつけ。

程よいサイズ感で、ポケットの数が多いのが特徴です。

三つ折りも二つ折りもコンパクトながら、小銭入れ、札入れ、カード入れなど必要な機能はそろっています。

財布には収納力を求める、またはお札を折り曲げたくない人には長財布が最適でしょう。

カード類や領収書もたっぷり保管でき、開くと中身を一目で確認できるものも魅力です。

長財布の中にはチェーンをつけてミニバッグのように持つことができるタイプもあるので用途に合わせてチェックしてみましょう。

ディオールの財布は、エレガントな見た目だけでなく、機能面も非常に充実しています。

ぜひ上記を参考にあなたにぴったりのアイテムを見つけてみてください。

ディオール(DIOR)の他アイテムはこちら

ディオール(DIOR)の財布についての解説記事はこちら