{@ member.last_name @}{@ member.first_name @}様
{@ member.active_points @}ポイント

ボッテガ ヴェネタ(BOTTEGA VENETA) 財布

13件中 1-13件表示
13件中 1-13件表示

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)の財布について

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)は、1966年に北イタリアの街ヴィチェンツァで、ミケーレ・タッデイとレンツィオ・ゼンジアーロ夫妻によって創業されたブランド。

ラグジュアリーブランドとしては珍しくデザイナーの名前を使っておらず、「ボッテガ」は工房という意味を持ち、「ヴェネタ」は地方名を指しています。

そんなボッテガを代表するアイテムの1つといえば、イタリアの職人技術が光るレザーの財布です。

その大きな魅力は、「イントレチャート」と呼ばれる、テープ状にカットしたレザーを編み込んだデザイン。上質なレザーを使って細かく仕上げられた編み込みは、まるで芸術作品のような美しさがあり、ボッテガ=イントレチャートと認知されるほどアイコニックなものです。

近年では、イントレチャートの進化版「マキシイントレチャート」も仲間入りし、革ひもの幅が広くなったことでより大胆な雰囲気に。ブランドの伝統を継承しつつ、モダンな佇まいにアップグレードされたデザインが人気を博しています。

またボッテガの財布は、表面にブランドロゴが入っていないことも特徴です。多くのブランドはロゴが大胆に入った財布を展開していますが、ボッテガはブランドのネームバリューに頼らず、デザインやクオリティにこだわった製品展開をしていることがわかります。

そんなボッテガの財布を購入予定の方の中には、豊富な種類から中々1つに絞れないという方も多いのではないでしょうか。

まずは、財布の仕様やサイズに注目して選択肢を絞ってみましょう。

収納力を重視するなら、ラウンドファスナーやフラップタイプの長財布を。反対に携帯性を求めるなら、コンパクトな二つ折り・三つ折りの財布や、スマートに持ち歩けるマネークリップやカードケースなどがおすすめです。

次に、ボッテガの財布に使われている素材にも注目してみましょう。

メインで使われているのは、ラムレザーとカーフレザーの2種類です。

ラムレザーはなめらかな触り心地が魅力ですが、繊細ゆえ丁寧なケアも必要。カーフレザーも肌目が細かくスムーズな触り心地をしているものの、ラムレザーに比べると耐久性が高いのが特徴です。

またボッテガの財布はカラーバリエーションも豊富で、ブラックやベージュなどのベーシックカラーからビビッドなカラーまで展開し、2色のレザーを組み合わせた格子柄なども人気があります。

ブランドを主張しすぎず、上質なものづくりにこだわったボッテガの財布。ぜひ実際に手に取って、その美しいディテールをチェックしてみてくださいね。

ボッテガ ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)の他アイテムはこちら

ボッテガ ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)財布についてのレビュー