{@ member.last_name @}{@ member.first_name @}様
{@ member.active_points @}ポイント

エルメス(HERMES)エブリン

並び替え
95件中 1-40件表示
1 2 3
並び替え
95件中 1-40件表示
1 2 3

エルメスのエブリンについて

エルメスのエブリンについて
スタイリッシュな縦長のフォルムとHERMESを象徴する「H」のパンチング模様が印象的なショルダーバッグ、エブリン。

ほどよいカジュアルさと高級感を備えるエブリンは、世代を超えて多くの女性から愛されています。 エブリンは1978年にエルメス(HERMES)から発売が開始されました。エブリンという名前は、当時のデザインディレクターであったエブリン・ベルトランからとられたものです。

ちなみにエブリンはフランス語で「生き生きとした」「気持ちの良い」などの意味を持ち、その名が示すように革製品でありながらも見た目以上に軽く使いやすいバッグとして当時から親しまれてきました。

そんな人気ショルダーバッグ、エブリンの購入をお考えの方は、サイズやカラー、素材に注目して選ぶことをおすすめします。

サイズは4つの展開がありますが、特に人気のサイズはTPMとPMです。 エブリンはショルダーストラップを肩から掛けて使用するバッグのため、コンパクトなサイズを好む方が多いです。

特に長く続いているミニバッグの流行もあり、小さいエブリンは非常に需要が高くなっています。

カラーの人気は、他のエルメスバッグと同様ブラックやエトゥープなどのベーシックカラーはもちろんのこと、オレンジやローズ系などのビビッドカラーやピンクや水色などのパステルカラーのエブリンも高い人気があります。

特に小さいサイズのエブリンはコーディネートのアクセントとして、カラフルなカラーにチャレンジされる方が多くいらっしゃいます。 素材は、定番で柔らかみのあるトリヨンクレマンスやハリがあり型崩れしにくいエプソンなど、好みによって選ばれるものはそれぞれです。また、エブリンはトワルアッシュというキャンバス生地やフェルトといった、少し変わった素材の展開もあります。

素材でカラーの映え方も変わってくるので、見た目と肌触りで好みのアイテムを選ぶと良いでしょう。

40年以上というその長い歴史の中で、エブリンは2回のマイナーチェンジが行われ現在では3つの型が存在します。 古い型から順番にⅠ(アン)、Ⅱ(ドゥ)、Ⅲ(トロワ)と呼ばれており、いずれも外見は大きく変わらりませんが、バックポケットの有無やショルダーベルトの調整の可否など、細かい部分で改良が行われてきました。

現在正規店では最新モデルのⅢ(トロワ)のみの取り扱いとなっているので、1(アン)やⅡ(ドゥ)をお求めの方はブランドリユース店などで探してみてください。

エルメスのエブリンは種類が非常に豊富なので、サイズやカラー、素材を考慮し、気に入りのひとつを選んでみてください。


エルメスの他アイテムはこちら




エルメスエブリンについての解説記事はこちら